キッズリポート

ヒョウのひみつ。

更新日:

リポーター:ヒマワリ(小学5年生)

 

アジアのエリアには、

サナという名前のヒョウが、親子でいました。

ヒョウのとくちょうは、

お腹には白黒もようがあって、

たかくジャンプをしても、音はいっさいきこえませんでした。

 

とってもすごいなと、かんじながらかんさつをしました。

おやと子どもは、よくにていて、

大きさは、人げんでたとえると中学生ぐらいの大きさでした。

すごく子は大きく、同じだったので、くべつがつきませんでした。

 

きづいたことは、めのまえのおりの中にいるどうぶつの、

シワコブサイチョウがとんだときのはねのおとに、

びっくりしたのかわからないけど、

はんのうして、おきあがって、ぼおっとみていました。

わたしが、人にきいたヒョウの毛のいろは、

黄色と黒でしたが、じっさいに見てみたら、

白い毛のいろも入っていたので、

自分の目ではっきりと、たしかめないけないとおもいました。

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2019 All Rights Reserved.