RKBラジオ キッズリポート

きらきらアナウンサー

更新日:

 キッズリポーター:まーちゃん(小学5年生)

 

私は、rkbのラジオ局に行き、取材をしました。

スタジオに入ると、アナウンサーが放送をしていました。

そして、ディレクターや、ミキサー、AD、と色々な係の人と

協力しあいながら、ラジオの放送をしていました。

今までは、アナウンサーだけだと思っていたけれど

裏では番組を制作したり音を調整したりと、

何人かで協力することで、ラジオができることを新しく知れてよかったです。

その他に、スタジオで工夫してあることを二つ教えてもらいました。

一つ目は、声が響かないように音を吸収する壁になってるそうです。

二つ目は、スタジオにある時計は、一秒もずれていないそうです。

その理由は、生放送の時に一番気を付けていることが、

必ず「時間を守ること」だから、とプロデューサーが言っていました。

私は、ラジオ局ならではの工夫があるのだなと思いました。

さらに、CM中も、台本を読んで練習していたので、

一生けん命がんばっているアナウンサーが、

きらきらしているように見えました。

今回の取材で、

アナウンサーが一生けん命に仕事をしているところを見て、

私も何事にも一生けん命がんばり、

新しい事にチャレンジしようと思いました。

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

ーーーーーーーーーーーー

協力:RKBラジオ櫻井浩二インサイト

Copyright© キッズプレス , 2019 All Rights Reserved.