キッズリポート ぶどうぱん 三池・カルタ歴史資料館 施設取材

カルタはポルトガルから来たの~

更新日:

キッズリポーター:ぶどうぱん(小学4年生)

今回は、大牟田市立三池カルタ・歴史資料館に行きました。

なぜ、ここ大牟田市にあるのかと言うと
日本で初めてカルタをつくったといわれているからです。

この歴史資料館は1991年にできたそうです。
そして2021年には30周年で何かするそうですよ。

カルタは今から450年前の
安土もも山時代(戦国時代)のころに来たそうです。

ポルトガルのカルタが来る前は
貝おおいや貝合わせといった遊びがありました。

この合わせ文化とポルトガルから伝来した
カルタがゆうごうすることによって生まれたそうです。

カルタはポルトガル語で英語でカードといいます。

歴史館では今、ここでしか見られない
「吉田家旧ぞう百人一首歌合せ」と
マンガキャラクターのカルタなどがてんじされています。(※1)

他にも何種類ものカルタで遊べるところもあります。


みなさんぜひカルタ歴史資料館に行ってみてください。

今、公開中の「いのちスケッチ」のぶ台
大牟田市動物園にと歩五分以内で行けます。
カルタだけじゃなくていろいろな歴史も知れます。

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

(※1)展示期間は終了しました。開催中の展示については

下記の公式サイトよりご確認ください。

取材協力:

三池カルタ歴史史料館

アクロス福岡「第13回楽しく遊ぼう! かるた祭り

アクロスお正月企画
第13回楽しく遊ぼう! かるた祭り

2020年1月11日(土)~1月13日(月) 10:00~18:00

<かるた秘蔵展>
かるた発祥の地といわれる三池カルタ・歴史資料館の秘蔵品を公開。

東京オリンピックにちなんで、オリンピックやスポーツに関する貴重なカルタ。

昭和11年に発行された「オリムピック・カルタ」昭和7年の「スポーツかるた」等、

戦前・戦後の雰囲気が味わえる逸品。

 

Copyright© キッズプレス , 2020 All Rights Reserved.