キッズリポート ぶどうぱん マリンワールド 団体取材 施設取材

グソクムシを食べられる?!

投稿日:

リポーター:ぶどうぱん(5年生)

 

今回は、「マリンワールド海の中道」さんに

取材に行きました。

 

マリンワールドさんは、

1989年(平成元年)4月18日に開館していて

 

2019年に30周年をしています。

 

まず館内を回った後に、

バックヤード見学をさせていただきました。

 

クラゲは、種類ごとに、

ふかする温度がかわるそうで

 

季節の変わり目などは特に

温度に気を使うそうです。

 

じゃないと病気になるそうです。

 

エサは、冷凍のエサを使っているそうです。

理由は2つあって

 

手に入りやすいのと

寄生虫がいなくなるの2つです。

 

イルカは、魚丸々一匹食べるので

 

釣り針が入ってないか

金属たんち機に通して検査するそうです。

 

次に、副館長の岩田知彦さんにインタビューをしました。

 

Q イベントはどうやって考える?

 

A 時期でいろいろなイベントに変える。

 

例えば、今は節分にちなんで

名前に「オニ」がつく海の生き物を展示しているそうです。

Q ホームページに乗っていた

「深海フライセット」はどうやって生まれた?

 

A 漁師さんがとっているあみに付いているグソクムシなどを

「食べてみよう」という係の人の好奇心でできたそうです。 

 

この料理はレストランで食べれる

1日10食の1月の週末限定料理です。

 

気になる方は食べてみては?

ぼくが行ったときはもう売り切れでした。

 

マリンワールドはYouTubeもしていて

夜のマリンワールドなどを紹介しています。

 

動画を見てコロナなどがおさまったら

マリンワールドに本物を見に来てくださいね。

 

 

_____________________

「マリンワールド海の中道」の情報はこちら!

https://marine-world.jp/

 

記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.