キッズリポート ダイバー先生 ぶどうぱん 団体取材

アオサで紙ができる?!

更新日:

リポーター:ぶどうぱん(5年生)

 

今回は、ダイバー先生と助手のひゅーご先生と一緒に
「アオサの紙すき実験」をしました。

アオサは食べられるものもあるけど
それはヒトエグサという海藻です。 

僕はこの、アオサ(ヒトエグサ)のみそ汁が好きです。

なぜアオサの紙すきをするかというと
今博多わんには、アオサが大量発生しています。

アオサが大量発生で困ることは、

●海の中に光が届かない…海藻が光合成できない。
●海の生き物たち…呼吸がしづらく住みにくい。
●プランクトンが死んで…卵がくさったようなにおいがする。
などの被害がある。

でも、このアオサ自体が悪いわけではない。
バランスが悪いとダイバー先生は言っていました。

このアオサを少しでも再利用するための一つの方法として
紙すき実験を行っているそうです。

やり方は、①パルプ(紙の原料)とアオサをミキサーで混ぜる。
     ②混ぜたものを木わくに流し、水分を取る。
     ③アイロンをかけて乾かす。

アオサの割合を多くすると作りにくいそうです。
ぼくも紙すき実験をしました。(2枚作りました)

1枚目の割合はパルプとアオサを7:3でしています。

 

2枚目は、パルプの上に点々をつけました。

ひゅーご先生は、パルプの上にミキサーで混ぜてない
アオサをおいてクジラを作っていました。

乗せる発想はなかったのでびっくりしました。

ぼくは、博多わんにあまり行けていないので、
アオサが大量発生している事を知りませんでした。

ダイバー先生とひゅーご先生は、YouTubeでも
アオサでアオサパックを作ったり料理を作ったりしているので
興味がある人は見てね~!

_____________________

★「ふくおかFUN」の情報はこちら!

http://www.fun-fukuoka.or.jp/

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.