キッズリポート ぶどうぱん 九州国立博物館 団体取材 施設取材

虫の対策に火の対策⁉

投稿日:

リポーター:ぶどうぱん(小学6年)

 

今回は、2005年に開館している九州国立博物館を取材して

バックヤードツアーもしました。

九州国立博物館は国内で四つ目の国立博物館で

108年ぶりの設立です。

 

国立博物館なのでとても大きくて

国際サッカースタジアムぐらいの大きさでとても広いです。

 

まず、バックヤードツアーに行きました。

収蔵庫は11か所あり

美術品や金属の展示物など種類ごとに分けています。

 

湿度も管理しており一定の温度にもしているそうです。

 

通路と収蔵庫の間に50cmの空気の層がある二重構造で、

収蔵庫の中にある空気は、ほこりやちりなどが入ってない、

とてもきれいな空気をいれています。

 

次に、火災対策についてです。

博物館では薬品が使えないそうです。

 

理由は薬品を使うと、展示品がいたんでしまうので

いたまないように水の消火器を使っています。

 

それでも燃え移った場合は、

酸素濃度を低くして火を消すそうです。

 

さらに虫の対策もしています。

 

虫は昔の物(紙など)を食べたりするので、

冷凍技術などを利用してくじょしたり

虫の発生源を入念にそうじしているそうです。

 

ぼくは、いつも博物館の展示品ばかり見ていて

虫の対策や火災の対策をしているなんて

思っていませんでした。

みなさんもホームページで展示会などの情報を観たり、

「おうちできゅうーはく」などで

おうち時間を楽しんでくださいね!

_____________________
★「九州国立博物館」の情報はこちら!
https://www.kyuhaku.jp/

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.