キッズリポート ひまわり

自分で、かなえた夢

更新日:

キッズリポーター:ヒマワリ(小学5年生)

 

私は、ならいごとの英語の先生に、インタビューをしました。

してわかったことは、なぜ英語の先生になったのかです。

 

なったわけは、元々、先生のお父さんが英語の先生だったそうです。

お父さんの外国の友達のスティーブが何回も、先生の家に遊びに来たりしていたそうです。

そこで、英語をしゃべりたいと、思ったそうです。

でも先生は、最初は、小学校の先生になりたいと思ったそうです。

 

そして夢がかない高校の先生に四年間なりました。

せいとたちに英語を教えていたけど

みんな英語をあんまりおぼえていなかったそうです。

わけは、みんな英語がきらいだからです。

そうわかった先生は、先生をやめて

1年間自分のお金で、オーストラリアにいったそうです。

 

1年間たって、日本にかえってきてから

英語の先生になったそうです。

でも英語の先生になったときに

お父さんが「なぜ高校の先生をやめるんだ。とってもばからしいよ。」

とばかにされたそうです。

 

とってもくやしかった先生は

その英語の中で一番になるときめて

本当に一番になることができたそうです。

先生は、けっこんした当時は

ねごとで、おこりながら英語でしゃべっていたそうです。

 

私も先生みたいに

夢に向かって努力しながらがんばっていきたいです。

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2020 All Rights Reserved.