カブトムシ キッズリポート

博多座へ行ってみよう!

更新日:

キッズリポーター:カブトムシ(小学3年生)

ぼくは、今日博多座に取材に行きました!

博多座の井上さんという人が色々教えてくれました!

歌舞伎を見るために作られた建物は、全国に少ししかありません。

その一つが福岡にあることは、とてもスゴイことなんです。

カブキのためのくふうがたくさんつまっていました!

舞台のまん中には、セリと言っていきなり飛び出てきたり、

ゆっくりかっこ良く登場できるそうちがあります。

 

ぶたいのじゅんびの時には、セリを使って道具を下の階にしまったり、

出したりするのにも使うそうです。

カブキの時は、いくつかイスをはずして、
ぶたいから後ろの席まで歩ける花道
という道のぶたいを作ります。

ミュージカルをやる時もあります。

その時は、なんと!前のイス4列をはずして、
すごく深い所にお客さんから見えないように
して、音楽をえんそうする人達がいるそうです!

ぼくは、「あらしのよるに」というカブキを見た事があって花道は、見た事があるけど

音楽の人達のしかけも見たいと思ったのでミュージカルも見たいです!

カブキは、セリフがむかしの言葉でわからないけど、

イヤホンを700円で借りれば今の言葉

わかりやすく説明してくれるそうです!

井上さんに「こどもでもわかりやすいオススメのカブキは、ありますか?」と聞いたら

「『スーパーカブキオグリ』という作品は、初めてカブキを見る人にも、わかりやすいですよ!」と教えてくれました。

博多座では、「オグリ」を2020年2月4日〜25日まで見れます!

馬が空を飛んだり、水が出たり迫力あるカブキでドキドキする内容みたいなので、

家族で行くのもオススメです!


こんな近くにカブキを見れる場所があるのは、ぼくは、すごくラッキーだと思いました!

20周年の博多座に皆さんぜひ行って見て下さい!

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2020 All Rights Reserved.