EXA KIDS オンライン取材 カブトムシ キッズリポート

エクサキッズ2020優勝チームにインタビュー!

更新日:

リポーター:カブトムシ(4年生)

「EXA KIDS 2020」の

ITキッズコンテストというプログラミングで

ゲームなどを作る大会で優勝した

川口さんのチームに取材する事ができました。

 

 

川口さんチームが作ったゲームは、

『Online party game! ~思わずミュートを外したくなるゲーム~』です。

代表の川口さんに

「このゲームをなぜ作ったのですか?」

と質問すると

「この作品は、みんな中々、

仲良く喋れなかったので、

みんなで仲良くなれるように作ったゲームです。」と、

とても優しい答えが返ってきました!

チームのメンバーは、全国色々な場所に住む、

小学2年生〜6年生の8人で、

このゲームを作るために、週に2回くらいリモートで集まって、話し合いをし、

それぞれ毎日だいたい1〜2時間くらいゲームについてアイディアや改善策などを考えて、

ゲーム完成まで2ヶ月半かかったそうです。

住んでいる所が離れているそうなので、

コロナが終息しても集まって優勝パーティーは、

なかなか難しいだろうと皆さん話してました。

 

僕は、「優勝した事を誰かに自慢しましたか?」と質問をしましたが

「担任の先生や友達に言ったけど、

ほとんど他の人の手柄だからって言ったら笑われました」

と話していたり、

意外と「自慢してない」という意見もあり、

みんなクールだなと思いました。

オンラインで離れた仲間と物作りをしたり、

ゲームや会話が楽しそうでインタビュー中も

メンバーで盛り上がって話していて

仲の良さが伝わってきました。

 

メンバーのみなさんは、

いつもマインクラフトで実在する

日本の都市の未来を想像して作ったりして

楽しんでいるそうです。

 

メンバーの中には、これからRPG系のゲームを作りたいと話している人もいたので、

また来年、それぞれのメンバーがレベルを上げて、個人やチームでどんな作品を作るのか楽しみだなと思いました。

全国学校で必修科目のプログラミングなので、

どうせやるなら、

エクサキッズの大会に出場する!とか目標を決めて始めてみると

楽しみながらプログラミングが得意になるかも。

 

優勝メンバーに「初心者にオススメの

アプリなどありますか?」と質問したら

 

「HackforPlay(ハックフォープレイ)、

Progate(プロゲート)等オススメです。」と教えてもらえたので、

 

何からやったらいいかわからない人は、

参考にしてチャレンジしてみて下さい!

 

もしかしたら来年のエクサキッズには、エントリーしてるかも⁉︎

 

記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.