キッズリポート ナポリタン 博多リバレイン 施設取材

博多座

更新日:

キッズリポーター:ナポリタン(小学6年生)

どうも、みなさんこんにちは、こんばんは ナポリです。

ナポリの記事日記だい11回、やっていきましょーう。

今回は、博多リバレインだい2だん。

歌舞伎にミュージカルの、博多座にいってきました。

しかも、今回は、
なんと、関係者以外立入きんしの所にもいってきました。

まず、しょうかいするのは、オーケストラピットと花道です。

ふつう博多座の客席は、
1階876席 2階424席 3階200席の
計1500席でこうせいされています。

しかし、歌舞伎なら花道・ミュージカルならオーケストラピットのように
席をつぶしてつくるスペースがあるのです。

ナポリがここでおどろいたのは、
花道に近い方が ねだんが高いと思っていたのですが、
なんとどこも同じねだんなんだ、ということをしれました。

次にしょうかいするのは、
<買付作品>と<自主制作作品>です。

<買付作品>は他の会社から買った作品で、
一つ一つねだんはちがいますが、
数千万円〜1億ごえの作品があります。

<自主制作作品>はその名のとおり博多座がつくったもので、
最近のものでは『めんたいピリリ』や『武田鉄矢・コロッケ特別公演』
などがあります。

そして、最後にしょうかいするのは、
博多座のあのマークです。

このマークはちからなわといって、
まつの形ですえ広がりになっています。

意味は人と人 心と心をかたくむすぶという意味です。

今回は、博多座についてでした。

それではナポリの記事日記だい11回をおわります。

じゃあね。 2020年のラインナップをのせておきます。

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2020 All Rights Reserved.