おかしの天才 オンライン取材 キッズリポート

パティシエールに聞いてみた!

更新日:

キッズリポーター:おかしの天才(中学1年生)

 

私は、この長期の休み中に
お菓子作りにどんどん挑戦したいと思っています。

主にケーキのレベルを上げたかったので、
苦手な「ケーキの盛り付け」についてパティシエの
河野奈美さんに初オンラインでインタビューをしました。

河野さんは、洋菓子店「バンフの森」で13年勤務後、
現在、専門学校や子供教室で講師をされている方です。

私は、頼まれごとや誕生日の日などにケーキをよく作っています。
ですが、盛り付けが得意ではなくいつもぐだぐだになってしまいます。

なので、どうすれば上手く盛り付ける事ができるのか聞きました。

すると、
「立体感をだす」
「積み木のように立てかける」
「色の薄いものを最初にメインは最後」
「フルーツは、余り細かく切らない」
という4つのアドバイスをもらいました!

そして、河野さん自身がお菓子を作る際どんな人が
食べるのかを考えどんな好みかを知ることを
大切としていることも教えてもらいました。

ただおいしいケーキを作るのではなく、
食べてくれるお客さんのことを考えて作っていると聞いて
本当に尊敬しました。

後日、河野さんが教えて下さった事を生かし
ケーキを作りました。

今回作ったケーキは家で食べる用だったので
フルーツは、みんなの好きな苺とブルーベリーを入れました。

河野さんが教えてくれた
「立体感を出す」「積み木のように立てかける」
という2つのアドバイスを意識してロールケーキを作りました。

完成したのがこれです!

見栄えもよくきれいにできました。

河野さんに取材させていただけて本当に嬉しかったです。
凄く勉強になりました。

この休み中に、どんどんアドバイスをもとに練習してうまくなりたいです!

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2020 All Rights Reserved.