キッズリポート

新しい美じゅつ館にある くうそうのえ。

更新日:

リポーター:アサガオ(小学6年生)

 

福岡市びじゅつ館で、館長さんに話をききました。

しつもんは、

アサガオ:工じ中のとき、作品は、どうしていましたか。

かんちょう:工じの前にそうこを工じして、

その中に入れたり、県の4つの、はくぶつ館などにあずけました。

しつもんして考えたことは

あずけた作品は、そのあいだに、ほかんされているのか、

そこに、かざられているのかと考えました。

 

わたしは、ほぞんされていると思います。

わけは、館長さんのはなしによると

絵は「市民にとっての、宝です。」

だから、ほぞんしていると思いました。

注もくしてほしいのはジョアン・ミロという人の絵。

空そうの絵だとみてかんじました。

本来では、人げんじゃないいき物が、えがかれていました。

おもしろくて、みられてラッキーと思いました。

これからは新しいびじゅつかんとして

子どもから大人まで

たくさんの人がみにきてくれる、美じゅつ館になってほしいです。

 

Copyright© キッズプレス , 2019 All Rights Reserved.