インタビュー キッズリポート フライドポテト 伝統工芸館 施設取材

はりこを作るのはとても楽しい 

投稿日:

リポーター:フライドポテト(小学4年)

 

今回は福岡市はく物館に
張子を作りにきました。

張子の作り方を教えてくれた
河野さんに教えてもらいました。

張子のしゅ類は博多張子というしゅ類でした。

ぼくはふぐの張子を作りました。

河野さんは張子を作り始めたのは
60さいからだそうです。

今は河野さんは86さいか85さいなので、
25年か26年くらい張子を作ってきたそうです。

河野さんは、張子はおもちゃと語られて
びっくりしました。

河野さんは一番大きい張子は80㎝ぐらいだそうです。
または一番小さい張子は2㎝くらいで、

ぼくはとってもおどろきました。

金ぱくはどんな意味と言ったら、
河野さんは「めだつからだそうです。」

河野さんは一番張子を作る時に大事なのは
「かんさつ力!」だそうです。

ぼくは張子のことについて
たくさん知ったことがありました。

それは河野さんがお話をしてくれたので
ぼくは張子のことについてたくさん知ったのです。

河野さん今回は本当に張子のことについて
教えてくれてありがとうございました。

ぼくはまた張子を作りたいと思ったので、
夏休みに張子のくじらを作りに行きます。

___________________

★「はかた伝統工芸館」の情報はこちら★

https://hakata-dentou-kougeikan.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.