wanko イベント取材 インタビュー キッズリポート 画家西村麻里さん

りゅうのはく力

投稿日:

リポーター:wanko(小学5年)

 

わたしは、今回
にしむらまりさんに取材をしました。

 

 

午前中に2組に分かれて、
自分達の思う「地球や宇宙」をえがきました。

すると、みんなでかいたら
私のおもっているより
すごくてきれいな宇宙ができて、

びっくりしました。

午後は、にしまりさんの
りゅうをかくイベントがありました。

最初の方はルードバルスさんのえんそうで
すごく歌が上手できれいだと思いました。

 

 

その次に、わたしたちキッズリポーターが
一人ずつにしまりさんに質問をした時、

わたしは
「にしまりさんはどんなりゅうが好きですか。」
とききました。

にしまりさんは、はく力があるりゅうより
やさしい眼をしたりゅうの方が好きだそうです。

そして、その後は、わたしたちが書いた
色(宇宙)の上からりゅうをかきました。

かく前に、二はく一礼をしていたので
もしかしたらにしまりさんはりゅうに
おいのりをささげていたのかもしれません。

にしまりさんは書いていると中、
一言もしゃべらず絵(りゅう)を書いていたので、
すごく集中しているのだと思いました。

 

 

りゅうができあがると、にしまりさんは
このりゅうにどんどん自由になれるようにと
想いをこめたそうです。

にしまりさんがかくりゅうは
すごいはく力がある一方で、

やさしさがにじみ出ているような
りゅうだと思いました。

にしまりさんは色々な所で
観らん会を開いているのでぜひ見てみて下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
西村麻理:
画家/クリエイティブディレクター
国内広告代理店、外資広告代理店のコピーライター・CMプランナー・
クリエイティブディレクターを経てMARI NISHIMURA INC. を設立。
VOGUEにて連載コンテンツも執筆中。
ニューヨーク、ロサンゼルス、ベルリン、ミラノ、ロンドン。
世界各地で活躍する画家。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Rue de Valse (ルードバルス):
軽快でチャーミングなアコーディオンの音色を軸に、
エスプリとウィットに富んだギターのメロディー、
重厚で艶やかな コントラバスが刻むリズム、
旅愁を誘うクラリネットの響きで
いつか夢みた憧れの街角へと空想旅行。
Rue de Valse とはフランス語で『ワルツ通り』の意味。
この世界のどこかにあるというこの通りからはいつも、
楽しげなワルツのリズムにのってやわらかな恋のメロディーが流れてくる。
浪漫派アコーディオン奏者・新井武人が中心となって2012年結成。
新井武人 accordion
平田知之 guitar
森田三惠 clarinet
桑名英剛 contrabass

___________________
🌟ニシマリさんの「2022 ART SHOW in FUKUOKA」が開催されます!!
2022年6月24日(金)、25日(土)、26日(日) 
東邦スペース大名205 福岡市中央区大名1丁目1-31-1

【西村麻里HP】https://marinishimura.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.