キッズリポート 幕末くん

僕が強く胸を打たれたアーティスト

投稿日:

ッズリポーター:幕末くん(中学1年生)

 

皆さんおはこんばんちわ、幕末くんです!

 

今回は福岡で(世界でも)活動中のアーティスト、

柴田みなみさんに取材をするために

 

福岡市西区にある柴田さんの

アトリエにお邪魔してまいりました。

 

 

柴田さんは高校卒業後設計事務所に就職しましたが、

23歳で退職しアート活動をするために

 

アメリカのニューヨークに単身で旅立ちました。

そのあとはドイツ スペイン オーストリアと

 

世界中をホモ・サピエンスのように

(世界を転々と渡り暮らすという意味)渡り歩き、

 

そして現在は福岡で活動されています。

 

柴田さんは、海に落ちている

ゴミや漂流物で作品を作っていて、

 

アトリエには沢山の面白い作品が展示してありました。

 

中にはオブジェの役割のものだけでなく、

クジラのオブジェがスピーカーだったり、

 

 

心臓の鼓動のように点滅してひかる

ハートのオブジェなどもありました。

 

映像(ハートのオブジェ)

 

海の環境をアートという形で訴えている

柴田さんの作品に僕はとても心を打たれました。

 

他にも沢山の作品がありましたが、

今回写真を撮ってきた物を紹介します。

 

海のゴミで作ったランプは、ビールのアルミ缶に

ミシンで穴を開けてブルーシートと編んで作ったそうです。

 

 

この作品でミシンが一つ壊れたそうです。

 

 

ねこの焼き物は陶器の作品で、

福井県のアーティスト友達に焼いてもらったそうです。

 

 

これが僕の1番のお気に入りの作品です。

 

柴田さんはギャラリーやいろんな施設で展示会をしたり、

テレビに出たりするので、

 

柴田さんの作品がもっと見たいという方は

是非一度作品展を観に行ってほしいです。

 

そして海の環境についても考えてみてほしいと思います。

 

【柴田みなみさんのInstagram】

https://www.instagram.com/minami_373_painter/

 

記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.