FBS取材 おかしの天才 キッズリポート

FBSの裏をのぞいてみたよ 

更新日:

 キッズリポーター:おかしの天才 (小学6年生)

 

 みなさん こんにちは おかしの天才です。

私はFBSの取材に8/7に来ました。

 

みなさんはFBSのことをくわしく知っていますか。

FBSとは福岡県内全域およびその周辺を視聴エリアとして

一九六九年に放送をはじめたのがFBSで、今年で五十周年らしいです。

 

 

FBS五十周年きねんとして、

「やー!」というキャッチコピーを考えたともいっていました。

全国には30の放送局があり、局の数だと一二七きょくもあるといっていました。

テレビが放送されるまでは、情報収集→取材→デスクへのかくにん→原稿作成・編集が

すべておわるとついに放送にたどりつけます。

 

 

テレビ局内をまわっていると1つ1つの部屋に役割があり、

そこのたんとうの人はそのしごとに一しょうけんめいとりくんでいました。

そのようすをみていると、1つ1つの部屋でそのひとたちが1しょうけんめいとりくむことで

1つの番組が成り立つんだと思いました。

テレビをつけるとかならずながれているテレビのうらでは

いろいろな人達が協力して1つの作品をつくっているんだなと思いました。

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2019 All Rights Reserved.