インタビュー キッズリポート 幕末くん

「一生を捧げられる仕事をしたい!」福岡の偉人 鍋田篤志さん (前編)

投稿日:

キッズリポーター:幕末くん(中学1年生)

 

みなさんおはこんばんちわ、幕末くんです。

 

今回から始めさせていただきます

福岡の偉人シリーズ第1号は、

 

「焼き鳥のけむまき」の店主、鍋田篤志さんです。

 

 

◯焼き鳥やさんになったきっかけ

 

福岡県直方市出身の鍋田さんは子供の頃

4人の兄妹と父、母、祖母など9人で暮らしていました。

 

おばあちゃんっ子でガキ大将、中学高校は野球部で、

 

好きな母の手料理はロールケーキと

ナスのミートグラタンだそうです。

 

ちなみにお母さんはとても料理上手との事でした。

 

高校を卒業すると大学進学のために家を出て、

大学を卒業するとサラリーマンになりました。

 

が「これでは人生がつまらない」

「一生を捧げられる仕事をしたい!」と思い

 

鍋田さんは3年で脱サラし、

料理の道に進むことを決め、修行に励みました。

 

老舗の焼き鳥屋をはじめ、

和食の店には10年間もいたそうです。

 

レストランとイタリアンの修行も経験して、

そして念願の自分の店を開きました。

 

 

ちなみに焼き鳥屋さんが一番楽しかったから、

焼き鳥屋さんにしたそうです。

 

○本格焼き鳥、お手頃ワインをモットーとしたお店

 

なぜ店の名前を「けむまき」にしたかというと、

 

「ケムマキ (以前取材した藤子不二雄Aさんの漫画

 忍者ハットリくんのライバル)を

知っている世代の方に来てほしい」からだそうです。

 

 

今日はそんなけむまきさんの焼き鳥の

仕込みをお手伝いさせて頂きました!

 

>>後編に続く

 

記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.