キッズリポート ひま★ マリンワールド 団体取材 施設取材

マリンワールド海の中道の大水そうの秘密

更新日:

リポーター:HIMA★(小学6年生)

 

今回、私はゴールデンウィークやおぼんは

全国から1日に1万5000人の人が訪れるという

 

マリンワールド海の中道に取材に行きました。

 

マリンワールド海の中道には大水そうという

学校のプール5つ分の大きな水そうがあります。

 

その大水そうの中には50種類、

2万匹の魚やサメがいるそうです。

 

エサはれいとうのエサを使って与えているそうです。

れいとうのエサを使っている理由は、

 

手に入りやすい事とれいとうする事によって

寄生虫を殺菌できるという事だそうです。

その他にもミンチやぶつ切りにして

生物たちの食べやすい大きさに切ったり、

 

魚につりばりがひっかかっていないか調べるために

金属たんちきを通したりして検査しているそうです。

 

エサをあげる時はすべての生物にあげるように

1人が水そうにもぐって、

トランシーバーで

エサのまく向きを教えながらあげるそうです。

 

お客様に何か伝えたい事はありますかと質問すると、

 

 

マリンワールド海の中道を入口にして九州の自然を知り、

大切にしたいという気持ちになってほしいと言っていました。

 

私も話をきいて

温暖化についてできることをしたいと思いました。

 

自然や生物を知るために

ぜひマリンワールド海の中道に行ってみてください。

 

_____________________

「マリンワールド海の中道」の情報はこちら!

https://marine-world.jp/

 

記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.