アベパンマン キッズリポート 九州国立博物館 団体取材 施設取材

九州国立博物館のうらがわ

投稿日:

リポーター:アベパンマン(小学6年)

 

ぼくは、今日九州国立博物館に行きました。

博物館といえば、どぐうやじょうもんどきなどの
イメージが強いですが、

今日はそのうらがわにせまりました。

うらがわっていっても博物館の
絵や宝物のうらがわではなく、

博物館の警備や仕事のうらがわです。

まず、この九州国立博物館は、2005年にできて
よこは80mたては160m高さは36m。

とってもでかいです。

そしてこの博物館の外見の大量の「ミラーガラス」は
2000枚もあります!!

でもここで1つ問題が。

鳥がまちがえてミラーガラスをただの山だと思って
ミラーガラスにつっこむという事件が発生しました。

かわいそうだし、ガラスがわれてあぶないので
対策としてミラーガラスとその他のところにフクロウの
もけいを置いて鳥がフクロウに食べられるかと思い、
近寄ってこないようにしました。

斬新な考えですね。

さらに「ドロボウは入ってきたことがありますか?」と
学芸員の今井さんに聞いてみたところ、

ドロボウは一度も入られたことがないらしいです。

自分で考えたその理由が、九州国立博物館は、
たくさんのかんしカメラがあるからだと思いました。

どおりでドロボウがこないわけです。
警備のげんじゅうさが分かりますね。

このように、九州国立博物館の「まもり」
についておはなししてきました。

僕も調べてて楽しかったし、
博物館のうらがわについても知れたのでよかったです!!

 

_____________________

★「九州国立博物館」の情報はこちら!

https://www.kyuhaku.jp/

記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.