akari インタビュー オンライン取材 キッズリポート

足が速くなりたい‼

投稿日:

キッズリポーター:Akari(小学6年生)

 

 私は小学1年生から陸上を習いはじめました。

 

あこがれている選手は桐生祥秀という、

日本人で初めて9秒台をだした選手です。

 

桐生選手のようにもっと速くなりたいと思って、

木村先生にインタビューをおねがいしました。

 

 今回インタビューした木村先生は、

中学1年~28才まで約15年間陸上を続けていたそうです。

 

私はまだたった5年間!

なので、こんなに長い間つづけていくことは、

とてもすごいことだと思います。

 

 

先生にはこんな質問をしました。

☆きんちょうをほぐすためにやっていること

・息を大きく吸ってゆっくりはく⇒体がゆるまりほぐれる

  私は大会のときにきんちょうして上手く走れないので、

  ぜひやってみたいです。

 

☆練習がキツイと思ったときどうやってのりこえたか

  私は長いきょりや坂をはしるときが

  とてもキツイのでこの質問をしました。

・毎日の練習を本番だと思う!
・本を読んだり歌をきいて前向きに考える

 

☆陸上選手時代毎日やっていたこと
・ふっきん、筋トレなどなど…。

小学生は筋トレではなく、ジャンプやなわとびなどの

速い動きをとりいれた練習をしたほうが良いと

教えてもらいましたよ!

他にも、家でやるトレーニング法や道具、

今のじきに役立つトレーニングアプリを教えてもらったので、

これから実せんできたらいいなと思います。

 

私は先生の話をきいて

自分がやっていないトレーニングがあったので

とても勉強になりました。

これからの陸上に役立てたいです。

 

コロナで大会がいつ始まるかわからないけれど、

大会でベストがでるよう、

これからもがんばりたいです。

 

 

みなさんも陸上を始めてみませんか?

木村先生ありがとうございました。

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2020 All Rights Reserved.