キッズリポート ぶどうぱん 企業訪問 団体取材 株式会社クックチャムプラスシー 社長インタビュー

【社長インタビュー】「クックチャム」どんどんチャレンジする、クックチャム

更新日:

リポーター:ぶどうぱん(小学6年)

今回は、クックャムプラスシーの社長の
竹下啓介さんにインタビューをしてきました。

ぼくが竹下社長に会うのは2回目です。

1回目は、クックチャムのキット作り工場や店舗の取材を
させていただきました。
その時の記事はこちらからURL

社長インタビューということで緊張したけど、
一回会ったことがあったので話しやすかったです。

 

クックチャムプラスシーのプラスシーの意味!
実は、プラスシーのシーには
チャレンジの「C」の意味があるそうです。

コロナでお客様の生活も変わって、
今までと同じことをやっても売り上げが上がらないので、
どんどんチャレンジしていこう、ということです。

熊本などのクックチャムがない場所やコンビニでも
お惣菜を購入できるようにしていきたいと話していました。

 

竹下社長が語った和食の話!
竹下社長は、和食はいずれ
消えていくんじゃないかと心配していました。

理由は、味覚は8才前後までに決まるらしく、
それまでに和食がおいしいと感じることができないと、

大人になっていくにつれておいしくないと感じるようになり、
和食を食べる人が少なくなるんじゃないかと言っていました。

そこで、クックチャムでは、
新しく「だしが入っている離乳食」を冷凍で販売しています。

この離乳食を通して
日本食のうま味が分かる人が増えてほしいそうです。

 

これからどんな社長をめざすのか!
竹下社長は、ブレずに
お客様を大事にしていきたいと言っていました。

社長の仕事は、面白くてやりがいがあるけど
とても大変らしいです。

迷った時は、他社の社長さんや
役割が近い人などに相談をするそうです。

尊敬する社長は、一番はイーロンマスクさんで、
チャレンジが大好きなところが好きで、
日本だと、家族を大事にするDeNAの南場社長だそうです。

ぼくは、インタビューをしてみて、竹下社長のいるクックチャムは、
おいしくて安全な食を提供することに力を入れているんだなと思いました。

これからもどんどんチャレンジしていって
クックチャムを広めて欲しいなと思いました。

 

ちなみに、竹下社長がクックチャムのお惣菜の中で好きなのは、
前と変わらず唐揚げです。

クックチャムのから揚げが世界一だと思っているけど、

それ以外だと、おすすめの唐揚げは、
今泉にある「焼鳥 と金」というお店の唐揚げだそうです。

_____________________

★「クックチャム」の情報はこちら★

https://cookchum.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

 

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.