キッズリポート ダイバー先生 ぶどうぱん 団体取材

福岡の海は…

投稿日:

リポーター:ぶどうぱん(5年生)

 

今回は、海ごみを中心にダイバー先生(大神弘太朗さん)に取材しました。

 

ダイバー先生は、名前のとおり

ダイビングインストラクターをしています。

 

「ふくおかFUN」という会社の代表理事をしていて

YouTubeでは、自然の魅力を伝える約1分半の短い動画を出しています。

 

動画で愛用しているもの「便所サンダル」とあったので聞いてみると、

動きやすくて、すべりにくいからいつも使っているそうです。

 

ダイバー先生は、これまでに約6000回ももぐっているそうで、

約1000回ぐらいは博多わんにもぐっているそうです。

 

その、博多わんは、平均水深10.8mで深いところは23mぐらいです。

でも日本一大きな湖びわ湖は平均水深41mだそうで2倍ぐらいあります。

 

そう考えると小さいですね。

 

魚は、夏・マアジやカンパチがいます。

カンパチは、カタクチイワシなどをねらいに来るそうです。

 

博多わんは、魚や海そうはたくさんいますが、ゴミも多く、

ゴミの中でも約80%がプラスチックゴミです。

 

特に多いのが人工芝です。

なぜ学校などにある人工芝が多いか聞くと、
雨の日にくつをこすったりするとかけらが小さなごみになります。

そのゴミは風や水道で川につき、海に流れ着くそうです。

ぼくは、時々やっていたけどこんな事になっているとは、
思っていなかったので知れて良かったです。

今、博多わんはゴミが少しずつたまっています。
このまま放置するととりかえしのつかないことになります。

そのためには、ごみひろいをしたりすることが大事です。
みんなでほこらしく思える場所にしましょう。

_____________________

「ふくおかFUN」の情報はこちら!

http://www.fun-fukuoka.or.jp/

 

記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.