インタビュー キッズリポート チェリー 伝統工芸館 団体取材 施設取材

八田さん、答えるのにまよう!

投稿日:

リポーター:チェリー(小学5年)

 

わたしは今日、はかた伝統工芸館に見学に来ました。

そこには、博多おり、博多人形、今宿人形などの
伝統工芸品がてんじされていました。

 

見学が終わり、副館長さん(八田さん)に
インタビューをする時間になりました。

「家でしつ問を考えてきたからだいじょうぶ。」
と見学している時はよゆうを持っていたのに、

インタビュー直前になると、
とてもきんちょうしてきました。

でも、やさしくみんなのしつ問に答える
副館長さんを見て、きんちょうが少しやみました。

 

わたしは勇気をふりしぼって手を上げて、
「はかた伝統工芸館は、何んのためにつくられたのですか?」
と聞きました。

そしたら、「福岡の博多に、すばらしい伝統工芸があるから、
このことを、世界の人たちに知ってもらうために作りました。」
と答えてくれました。

わたしは、これを聞いて、副館長さんが答えてくれたこと以外にも、
博多伝統工芸を世界の人にみてもらうことで、
受けつぐ人がふえるきかっけにもなると思いました。

 

次に、「八田さんの日びの楽しみははんですか?」
としつ問すると、

「えっ!毎日⁈ん~…。」

とすごくなやむと、
ほっとする時間のことについて教えてくれました。

「家でまっ茶をたてて飲むことかな~。」

わたしは、八田さんの言うこと
よく分かる気がしました。

日本のまっ茶を家でたてて飲むと、とっても
幸せな気持ちになってほっとしたことがあるからです。

 

はかた伝統工芸館に来たことで、見学もできたし、
八田さんにインタビューもすることができたので、
とてもよかったです。

今度、学校で博多の伝統工芸のことを、
友達にしょうかいしたいです。

 

___________________

★「はかた伝統工芸館」の情報はこちら★

https://hakata-dentou-kougeikan.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.