キッズリポート チェリー

神秘的な空間

投稿日:

リポーター:チェリー(小学5年)

 

夏休みに大分県稲積市にある、
稲積水中鍾乳洞に行きました。



ここは日本一の水中鍾乳洞と言われ、
国内初の水中洞窟ダイビングができる所です!

残念ながら、私はダイビングの資格を
持っていないので、できませんでした。

でも、歩いて探検するだけでも、
とても面白かったです!!

鍾乳洞の中は、
一年を通して14℃くらいです!

だから、入口をぬけると
一瞬で体が冷えます。

どんどんおくへ進んでいくと、
道が二つに分かれています。

二つとも進んだ先は
行き止まりです。

私は、右側の道を選びました。

そこには、竜の牙という名前の所があって、
きれいな水がたまっていました✨

「竜の牙」の名前の由来は、
水の下にあるとがった鍾乳石が、

竜の牙に見える事から名付けたそうです!!



他にも、「鬼の岩屋」・「竜神の門」など、
自然にできた面白い形の鍾乳石がたくさんありました!

行き止まりのところまで行ったら、
折り返して二つの分かれ道の所までもどります。

次は、左側の道に行きます。

右側の道とはちょっとちがって、
「黄金柱・天のかけ橋・ベルホール」など、

主に鍾乳石が多かったです!



私は、稲積水中鍾乳洞に行ってみて、
今までに見た事のない

神秘的なところだと感じました。

一番お気に入りの鍾乳石は、
竜の牙です!!

鍾乳洞以外にも、
「売店・地底洞窟・白蛇堂」など、
見る所がいっぱいあります!!

みなさんも、
稲積水中鍾乳洞に行ってみてください🎶


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.