インタビュー キッズリポート 伝統工芸館 施設取材

あいぞめ体験で手がゾンビ

投稿日:

リポーター:ゲストリポーター(小学5年)

 

今回は、博多織伝統工芸士会の荒木さんに、
博多織について教えてもらいました。

荒木さんは、
おもに着物をつくっているそうです。

そしてわたしは、
「なぜ、博多織に興味を持ったのですか」と聞くと

しゅ味で世界遺産にはまり
カンボジアに行きアンコールワットを見て、

日本に帰って博多につくと、
思いついたのが

「博多人形と博多織しかおもいつかなかった。」
とおっしゃっていました。

さあ、あいぞめ体験です。
「アイ」の葉をつかいました。

お酢と水をまぜた中に葉っぱをその中にいれ、
ずっともみもみしました。

するとみどりから青にかわっていきました。

そして手を見たらつめが
あいいろへと変化していました。

それできれいにハンカチを作ることができました。

手が青くなって面白くてたのしくて
キチョウな体験をできたから、とっても楽しかったです。

そのあと木の時計をつくりました。
とっても楽しかったです。

___________________

★「はかた伝統工芸館」の情報はこちら★

https://hakata-dentou-kougeikan.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.