イベント取材 インタビュー カブトムシ キッズリポート 団体取材 絵本作家よしながこうたくさん

「おもしろいぼうしをかぶったよしながこうたくさん」初めて会った!

投稿日:

リポーター:カブトムシ(小学5年)

 

7月30日によしながこうたくさんという
絵本作家さんに会いました。

よしながこうたくさんは、
「給食番長」という人気の本を作っている人です。

最初は、「宿題ファイター」という本を読み聞かせてくれました。
しかも右下には、博多弁バージョンも作っていました!

よしながこうたくさんは、
なんと!福岡県出しんでした。

次は、おえらさんをしました。

おえらさんとは、子どもたちが自身の得たモノ
を無形にして吐き出し1つの形に合体させることです。

みんなで素材を決めて絵をかきます。

ぼくが思った事は、「同じ素材なのに、
ちがう絵だったからなんでだろう?」と思いました。

最後に質問しました。

絵本作家になったきっかけは、もともとは、東京で
イラストレーターという仕事をやっていましたが、

友達が出っぱん社をしょうかいすると、出ぱん社の人が、
「今までにない本がかける」と思ってスカウトされたらしいです。

インタビューをうけているよしながこうたくさんは、
かこくの話のときは、かこくの気持ちや、
うれしい話だと、うれしい気もちがよく伝わりました。

これからは、本屋に行ったら、
よしながこうたくさんの本をさがしたいと思いました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★「よしながこうたく」さんの情報はこちら★

Koutaku-Home | edomacho

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.