インタビュー オンライン取材 キッズリポート ナポリタン

枠を、超えろ!

更新日:

キッズリポーター:ナポリタン(中学1年生)

 

どうもみなさん、こんにちは。ナポリタンです。

ナポリの記事日記第17回やっていきましょ~う。

第3回目となる今回のネット取材は、

私の願いがかなってスーツアクターの「押川善文」さんに取材しました。

押川さんは仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズ等で

スーツアクターの仕事をしていたベテランのスーツアクターです。

今回は押川さんに3つの質問をしました。

Q、スーツアクターという仕事で一番大切にしていることは?

A、子どもがどうやったら興味をもってくれるかを考えています。

Q、スーツアクターをやっていてうれしかったことは?

A、ヒーローショーをやっていたとき、

ヒーローがたおれた時に子どもたちからの「ガンバレー」という声がいちばんうれしいです。

Q、押川さんがスーツアクターになるキッカケは?

A、小学2、3年のころからスタントマンになりたいと思っていました。

実は戦隊とライダーはあまり見たことがなかったんです。

中学生のときにスタントマンの会社があることを知り、興味を持ちました。

こうしてスーツアクターになれたのはある出来事がきっかけでした。

高校2年生の時、友人が交通事故で亡くなったんです。

その時、彼が生きた証を何か残せないだろうかと考えました。

自分が映像として残ることで「押川善文」ってどこの出身なんだろう?とか、

当時の同級生がぼくを思い出すことで、亡くなった友人のことを忘れずにいてくれる。

だからどんなに苦しいときも「あいつのためにがんばろう」と思ったから乗り越えられた。

彼のおかげで今があります。

 

これで質問を終わります。

今回の取材で、押川さんの友達のことを思う気もちを知りました。

私だったら、友達を失って絶望してしまう。

絶望からぬけ出そうと、忘れたいと思ってしまうところを

押川さんは、友達のことを残せないかと考えるのがすごいと思いました。

 

これでナポリの記事日・・・・・・

「ちょっと待ってくださいよ~」

ん?

「わたくし、

株式会社悪の秘密結社のシャベリーマンでございます。

よろしくおねがいします~」

押川さんが現ざい出ているドゲンジャーズ

第1話で最初に登場した怪人のシャベリーマンさんが登場してくれました(本物)

どうやら「押川さんに質問」があるそうです。

 

Q、スーツアクターという仕事をへて、ドゲンジャーズをへて、

押川さんが思う「正義」とは?そして、子ども達が今、日常で出来る正義とは何ですか?

A、ぼくの中の正義は自分の考え方をまげない正義。自分を信じてつき進む。

それがいい方向にいくかもしれないし、悪い方向にいくかもしれない。

だけど、自分を信じれない人は他人を信じれないし、他人からも信じられない。

 

「泣いちゃった・・・ありがとうございま~す」

 

いや、驚きました。

押川さんがスーツアクターとして出ている「ドゲンジャーズ」は

九州朝日放送(KBC)と佐賀のケーブルテレビで

日曜日の10時~10時25分までの時間で放送されてます。

またニコニコ動画などの配信サイトでも見ることができます。

ぜひごらんください。

今回の取材で押川さんが強い心をもっていること。

友達を大切に思うことを知ることができました。

また、押川さんの思う正義を知れて良かったです。

 

そしてもう一つ。

仮面ライダーが好きな私がうれしかったのは

ギルスの変身が押川さんのアイデアだと知れたことです。

これでナポリの記事日記、第17回(たぶん)を終わります。

ばいばい~

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

協力:株式会社 悪の秘密結社

 

Copyright© キッズプレス , 2020 All Rights Reserved.