キッズリポート ダイバー先生 ヤキソバ 団体取材

たちむかおう海ごみへ

更新日:

リポーター:ヤキソバ(4年生)

 

今回は、海ごみがどうなっているのか。
どうやってでているのか、
そしてその海ごみがどう海ごみにかんけいしているのか、

ダイバー先生こと、
ふくおかFUNの大神弘太朗さんに取ざいしました。

 

ふくおかFUNでは、水中調さかんそく・さつえい・海の学校・写真・
えいぞうてん・ひろい海の活動、行政との共どう事業などをしています。

海ごみという物は、みなさんの家や町から川にいき、
そして海にながれているそうです。

 

読者のみなさんにそれのなにが問題なの?
と思う人もいると思います。

そのあとが大変なんです。

そのゴミが口に入ってしまったり、またそれをえさとかんちがいし
食べてしまい死んでしまう生き物が多くいるんです。

え、ながされたり消えたりするんじゃないの
と思う人もいるかもしれません。

しかし、かんぜんにぶんかいされるには、
数百年~数先年かかると言われています。

さらに、2050年には生き物の数より
海ごみのが多くなると言われています。

そして5㎜いかのプラスチックの海ごみを
マイクロプラスチックといって、

じっさいにさわったり見たりしました。

 

ここでQ(クイズ)。
この写真には緑色のものが。それはいったいなんでしょう。

 

 

ヒント福岡市役所の前にたくさんあるものです。

正解は、人工しばでした。
なんで人工しば?と思う人もいるかもしれません。

なぜかというと、くつをパン!として(たたいて)、
ゴミをおとそうとしているときに
人工しばの小さいかけらがとんでしまうそうです。

これを見ていやだなと思う人がいると思います。

じつは、ぼくたちにもなくすためにできることがあります。
エコバックを使ったり、ポイ捨てをしない、ゴミひろいをするなどです。

そしてなにより大切なのが、海に行き、海ごみをひろう、
ビーチクリーンにさんかして海ごみをへらすことです。

みなさんもゴミをへらすためにとりくんでみてください。

 

これでヤキソバの記事おわらせていただきます。
ありがとうございました。

ぼくの前の記事「ダイバー先生」はここ
ぶどうぱんとタンクネコとアベパンマンはここ

ダイバー先生こと大神弘太朗さんのユーチューブチャンネルはここ
ふくおかFUNのホームページはここ

では、次の記事で。バイバーイ。

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。

------------------------------------------
福岡県ふくおかインターネットTV

どげんかしよう!海ごみ問題!
http://webtv.pref.fukuoka.lg.jp/ja/movies/detail/4193

キッズプレスが協力しました!
------------------------------------------

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.