RKBラジオ オンライン取材 キッズリポート ヤキソバ

ラジオとTVのきょり感

投稿日:

リポーター:ヤキソバ(小学5年)

 

先日とってもおどろくことが決まりました。

それは…
RKBラジオに出演することです。

ラジオは、初めてちょうせんしたので、
とてもきんちょうしました。

実は8月3日に収録しました。
放送は14日だそうです。

また、今回のラジオは、
キッズプレスメンバーだけでなく、

RKBラジオ【Toi toi toi(トイトイトイ)】で
水曜日を担当してるハルさんと
しゅうろくをしながら、取材をしました。

まずおどろいたのは、
内容によって声を変えて、

聞いている人が
どう聞こえているか考えていて、
すごいなと思いました。

TVとラジオは、きょり感がちがく、

初めて会ったリスナーの方に、
ハル「くん」とよばれたそうで、

ラジオを聴いているだけで、
一緒にいる感覚なんだなと思いました。

また、このラジオの中で、
ラジオショートという企画をやりました。

キッズリポーターのみんなが、
話を1分から、1分30秒にまとめて、
話すという企画です。

僕は、学校の○○タイム
について話しました。

ぜひ注目して聞いてください。
それでは、お楽しみに。

ラジオで、子どもから大人へ、
大人から子どもへの
なやみ相談があったのですが、

ハルさんの質問が、
「子供が宿題をしません。
どうしたらいいですか?」で、

キッズリポーター側も、

「宿題をするには
どうすればいいですか?」でかぶり、

親も子も宿題は強てきだなと思いました。

後で自分の声を聴いてみたら、
思ったより早くなってました。

収録するとき緊張していて、
うまく喋れてなかったんだと思います。

でもそんな中で、しゃべれる
ハルさんはすごいなと思いました。

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.