イベント取材 キッズリポート にじ ボードゲームジャム

わかった!ボードゲーム作りの大へんなこと 

更新日:

リポーター:にじ(小学4年)

 

わたしはこの前、ボードゲームジャムというイベントで
ボードゲームをつくりました。

そこでわたしは三つの大へんなことを学びました。

一つ目は
時間が八時間くらいかかることです。

イベントにさん加する前は「八時間で三つくらいの
ゲームをつくるのかな?」と、思っていたけど、

じっさいは八時間で一つのゲームを作り上げました。
それが一つ目の大へんなことだと思いました。

次に、二つ目はチームのみんなで
かいりょう点を見つけることです。

チームのみんなで話し合って
「ここはかいりょうしたほうがいいんじゃない?」と、
何度も何度も相談して、かいりょうしてのくりかえしでした。

さいごに三つ目は
チームで協力することです。

チームは親子全員、合わせて六人でした。
その六人でだれがどこの部分をつくるということや、
みんなでアイデアを出すのが協力した所かなと思いました。

わたしはこの三つが大へんなことかなと思いました。

でも、大へんなことが三つあっても
とてもボードゲーム作りは楽しかったです。
また作りたいです。

とくに、チームで協力してぶんたんをして
さぎょうをするのは大へんだったけど一番楽しかったです。

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2021 All Rights Reserved.