Ringo インタビュー オンライン取材 キッズリポート 団体取材 浜野雅文シェフ

お弁当から始まったフランス料理への道

投稿日:

リポーター:Ringo(小学3年)

 

ぼくは、フランス料理のシェフ、
はまのまさふみさんにインタビューをしました。

はまのさんは、福岡県糸島市出身です。

中学生のころは、きゅう食がなかったため、
お弁当を作っていたそうです。

作っているときに色をふやしたくなり、

赤だったらトマト、みどりだったらブロッコリーなどを
使うようになったと言っていました。

学校にそのお弁当をもっていったら
好きな女の子に「すごいね」といわれたそうです。

ほめられてもっと楽しくなり、
はまのさんは、料理人をめざしたのかなと思いました。

はまのさんは、大人になってヨーロッパのフランスで
フランス料理の勉強をはじめました。

その後ブルゴーニュにある村のお店の
シェフにしゅうにんしました。

ミシュランガイド1つ星をかくとく。
どくりつごには2つ星をかくとくしました。

はまのさんの料理には、
植物やフルーツを使っています。

ワインにあうようにフルーツを使うそうです。

風景や美じゅつかんに行ってヒントになった色を
フルーツや植物でさいげんしているとはなしていました。

料理のしゃしんを見せてもらいましたが、
すごくきれいでえを見ているようでかんどうしました。

今までつくった料理は千しゅるいいじょうあるそうですが、
一番自しんがある料理はまだないそうです。

世界でかつやくするためには、

○もくひょうに日づけをつける
○山のぼりのじゅんびをおこたらない
○チャンスはみがいてまつ
○つねに自分いがいのだれかのために汗をかく
○ど力の本当のいみをしること

がたいせつと話してくれました。

はまのさんのお話を聞いて2つ星をかくとくするまで
ど力ができてすごいなと思いました。

 

※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.