インタビュー キッズリポート ホキャっち 伝統工芸館 施設取材

思いのつまった張り子 

投稿日:

ホキャっち(小学5年)

 

わたしは、張り子作り体験の絵付けをしました。

おしえてくださったのは、河野さんで、
わたしはふぐをつくることになりました。

張り子の工程は、

1型造り 2 紙合わせ 3 和紙張り 4 乾燥
5 型抜き 6 張り合わせ 7 下塗り 8 乾燥
9 絵付け 10 乾燥 11 仕上げ 12 完成

と、全部でなんと11の工程があるのです。

とても多いですよね。

全部やるのは、とてもむずかしく、
大変なので、絵付けだけをやりました

もとからよういされていた白い
なにもついていないふぐの張り子の上から

アクリル絵の具の
黒と黄色だけを使いました。

これが意外とむずかしく、

きんちょうの手のふるえでずれたり、
はみだしたりしてしまいます。



目のところをあけないと、
黒で目がなくなってしまうので、

先に目をかかなければなりません。

だけど、けっこうじょうずに
ふぐをきれいにかくことができました。

やっぱり自分で作ったものは
あいちゃくがわくなと思い、

ほっこりしました。

最後には、金ぱくをつけて、
とてもはなやかなふぐになりました。 

河野さんは、張り子を1日に10~20個も
つくっているそうです。

張り子にはいろいろあり、今回のような
ふぐなどの魚、とらなどの動物、

お面などさまざまな種類がありました。



そもそも張り子は、今からおよそ500年ほど前に
中国からつたわってきたそうです。

河野さんの話によると、
張り子にはいろいろな大きさがあり、

最大で80㎝、最小で2㎝の張り子があるそうです。

もともとは張り子は
昔はおもちゃだったのですが

だんだんとえんぎものとなり、
今のようになったそうです。

張り子のおく深さを感じる事だなと思いました。

河野さんは、60さいほどから始めて、
約20年ほど張り子をつくり続けているそうです。

河野さんは、張り子のそぼくさ、あたたかさ、
おもしろさがいいと言っていました。

 

河野さんの話をきいているうちに、
河野さんの張り子への思いを感じました。

河野さんにはこれからも
張り子をたくさん作り続けてほしいです。

___________________

★「はかた伝統工芸館」の情報はこちら★

https://hakata-dentou-kougeikan.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の内容とリポーターの学年は公開時の情報です。
※感染対策の元、取材をおこない、写真撮影時のみマスクを外しています。

Copyright© キッズプレス , 2022 All Rights Reserved.